2014年4月9日水曜日

5月5日は「男占い師祭り2014」!

5月5日(火)は毎年恒例の「男占い師祭り」@中野トナカイを開催します。今回は前半は講座で、後半は鑑定という構成。詳しいスケジュールとお席の予約方法は桜田ケイ君のブログでご確認ください。

講座では占いを命・卜・相に分類して、3人の講師がそれぞれの特性を比較しながら語るという方向ですが、西洋占星術に限って言うと、実はネイタル(出生占星術)とホラリー(卜術的な占星術)の間には思想的な対立があって、特にネイタル至上主義のような人々がホラリーを軽蔑してきた歴史があります。アル・ビールーニなどは、ホラリーを占星術の枠組みから逸脱した「妖術の類」とまで言ってるし。私自身は、ある意味ではアル・ビールーニに賛成で、ホラリーはそれはもう優れた占いではあっても、占星術のシンボルや法則を借用しているだけであって、他の多くの卜術の中のひとつに過ぎないと考えています。要は個人の力量ですね。現実に、「○○先生からホラリー占星術のお免状をいただきました」みたいなところでプライドを満たしているイタい占い師より、はるかに優れた仕事をしている易者やタロット占い師はいくらでもい (続きの毒は5月5日の男占い師祭りで)


アル・ビールーニ(なぜかロシアの切手に登場)


0 件のコメント:

コメントを投稿