2010年3月28日日曜日

最初のつぶやき

最近周囲でツイッターをやっている人が多いので、私も昨年末頃登録したのですが、まだぜんぜんつぶやいていません。ブログ書くので精一杯かも・・・。しかしフォロワー?の方3人ほどいらっしゃいますね。やっぱ何かつぶやいたほうがいいかな。

それで、自分はほとんど使っていなくて、その面白さも革新性も分かってないのになんですが、ツイッターの誕生と考えられる日時が分かったのでチャートを作ってみました。2006年3月21日21時50分(PST)サンフランシスコです。(下図は日本時間で出力しているので22日の14時50分になっています) データソースはここです。ツイッターの開発者の一人である Jack Dorsey 氏よる 「just setting up my twttr」(我がツイッターをセットアップせり)という「最初のつぶやき」の瞬間ですが、これこそツイッターの産声ではないかと。



アセンダントが沈黙のサインである蠍座なのは意外ですが、その支配星である火星は双子座(コミュニケーション)にあり、小惑星ドーシー(Dorsey=開発 者名)がコンジャクションしているので納得。獅子座のMCを支配する太陽は牡羊座でイグザルテーションし、3ハウス(コミュニケーション)を支配しながら 9ハウス(マスメディア)に位置する土星にトラインを形成しています。ここら辺はさすがに強力ですね。月は射手座から山羊座に移らんとする冥王星にコン ジャクションですが、この冥王星が射手座(大衆による情報の共有)に入ったのは1995年で、この年Windows95が発売されてインターネットの大衆 化時代が始まり、電子メール、HP、ブログと来て、締めとしてツイッターが誕生したということなのでしょうか。解せないのは水星のダメさ加減です。天王星(最先端技術)と重なり、ライジングの木星とトラインになっているので、確かに革新的なコミュニケーション・ツールという感じですが、いかんせん乙女座でデトリメント&フォールとなっており、しかも逆行しています。しかし、この水星がプログレッションで順行に転じたのが2009年(下図)ですが、それはまさにツイッターのユーザーが爆発 的に増加した時期と一致しています。もちろん、同時期に太陽が進行して土星に正確なトラインを作ったことも関係しているでしょう。オバマ大統領(獅子座生 まれ)が選挙キャンペーンに活用するなど、セレブレティ(太陽)がツイットし始めたことが普及を促進したのですね。


2 件のコメント:

  1. 是非色々つぶやいてください。
    私もつぶやいてますがほぼ愚痴ですw

    返信削除
  2. 携帯でもつぶやけるのですね。これならちょっとした時間につぶやけますね。

    返信削除