2010年2月12日金曜日

久しぶりに英語で話した

いいかげんブログに何か書きなさいよ、とある方からお叱りを受けたので、再開します(汗)。このところ、モバイルサイトのコンテンツの仕事が忙しくて、うれしい悲痛な叫びを上げていました。今月に入ってからやっと落ち着いてきたかなという感じですが。


それで、今日もひたすら仕事だったのですが、電車で移動中おもろいことがありました。つり革につかまって洋書を呼んでいたら、若くてイケメンの外国人のコンビ(白人と黒人)が前の席に座って、英語で自分のことを話題にし始めました。会話の内容は以下のような感じです。


白人「なにこの人、なんか英語の本読んでるよ!」
黒人「(表紙を見て)ホラリー? なんだよ・・・、ホラリーって。」
白人「知らねー。」
黒人「えーと・・・(本の裏表紙の解説を読み始める)」
白人「なんだって?」
黒人「アストロロジー?」
白人「星占い!? マジかよ?www」
黒人「こんなの読んじゃってんだwww」


なんだかふたりで大ウケしているので、本に集中することが出来ず、私は英語で会話に参入することにしました。だいたい以下のような感じで会話しました。(芳垣の英語のたどたどしい雰囲気を出すために、台詞をカタカナにしてみました。)


芳垣「ヘイ、ボーイズ。アナタタチ、コレ、キョウミアルデスカ?」
黒人「(ギクッ!)」
白人「いや、興味はないけど・・・、どういうものかはだいたい知ってるよ。」
芳垣「ワターシ、コレシゴトニシテル。ザッシニ、モバイルニ、ニューズパイパーニ、コラムカイテル。」
黒人「マジで? カッケー!」
白人「どっか留学とかして英語勉強したの?」
芳垣「シテナイ。オーストラリアニ、イチネンイタダケ。」
白人「へー! シドニー?」
芳垣「イイエ。ケアンズ。イナカ。」
黒人「あー、そこ知ってる。」
芳垣「アナタタチ、ドコカラキタノ?」
白人「ミシガン! 」
芳垣「フム、アメーリカンデスカ。」
黒人「USは来たこあるの?」
芳垣「ナイデス。シカーシ、イツカイッテミタイデス。ミシガンハ、ヨイトコ?」
白人「オーストラリアよりは全然よいと思うよ!w」
芳垣「マコトデスカ。w」


その後もしばらく話し続け、ふたりとも20歳で、現在日本に留学中(?)の学生だということが分かりました。何を勉強しに来たかは分かりませんが、日本を満喫していってほしいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿