2009年10月28日水曜日

タケチャンマンが始まる前の話

最近このようなことが話題になっているのですか? ぜんぜんテレビを見ない私ですが、たけしのTVタックルだけはよく見ます。あの番組だけは面白いので無くなってほしくない。もちろんビートたけしは大好きです。そういえば、もう亡くなった人ですが、むかし銀座ジプシーという黒い頭巾で覆面した占い師がいて、その人がエッセイ本でビートたけしのことを書いていましたっけ。ジプシー氏がテレビに出たとき、「なんだよこのおっさん、ゴキブリの背中みてえだなw」とたけしに衣装をネタにされたらしいのですが、後で楽屋に挨拶に行ったら、たけしは赤面して汗かきながら「さっきは失礼しました」とペコペコ謝ってたそうです。ジプシー、大物は腰が低いと大絶賛してましたね。逆に、こいつは小物だし、将来ダメだなと思ったのは、○原○彦だそうです。ジプシーさん、あなたが本に書いた通りになってますよ(笑)。それで、私はというと、たけしの漫才を約2メートルくらいの至近距離で鑑賞したことがあります。多分小学校2年生くらいで、某ホテルの食べ放題のクリスマス・ディナー・ショーでのことです。いわゆるどさ回りというやつですが、今では考えられないようなシチュエーション。ネタとかは覚えていませんが、相方のきよし(当時はツービート!)の頭を「バカヤロっ」「コノヤロっ」とかいいながらペンペン叩くのが子供の私にも楽しめました。実はその時、マイク・トラブルで音声がしばらく出なかったので、今思うとあれで一生懸命間を持たせていたのですね。



2 件のコメント:

  1. 大好きなタケシ(呼び捨て!?)の
    イイ話をありがとうございます[E:confident]
    凄い人なのにカタ苦しくない気さくな態度、
    確かな着眼点や鋭い分析、多才、器用さ、
    品を損なわない(と思う)ユーモアさなんかで、
    芳垣センセと共通項が沢山あると思うのです。
    占星術界のタケシ的存在ですね。

    返信削除
  2. ��yuikoさん
    いえ、現状としては、タケシ軍団のような立場にいます…。

    返信削除