2009年7月19日日曜日

自民党の始原図

Photo 自由民主党の始原図を貼ります。195511月に、神田の東京大学講堂で開かれた結党大会の図です。蠍座の尾部に太陽と土星、月らによるステリウムがあり、これらは獅子座でコンジャクションする木星と冥王星らとスクエアとなっています。このアスペクトのグループは、2つのルミナリーズ及び、アセンダントとMCを支配する木星も含んでいますから、自民党にとっては組織のアキレス腱であると同時に、その体質を変容させる要ともなっています。







Photo_2 実際、自民党が結党以来始めて野党に転落した1993年は、件のポイントに対してトランジットの冥王星と土星によるダブル・インパクトがありました。この年は武村正義や羽田務らが自民党から続々と離党して新党を結成し、非自民の細川内閣(左図)が誕生、いわゆる55年体制を崩壊させています。自民党が与党に返り咲いたのは、やっと1996年で、前年に冥王星が蠍座から射手座に移動してからのことです。







Photo_3 2001年の小泉内閣の発足は、天王星と土星のコンビネーションによる改革ムードの中で起こっています。その後、冥王星は自民党始原図の子午線を通過していますが、これが派閥の弱体化と、党中央への集権を象徴しているように思われます。







20090719 今年2009年の危機的な状況もまた、固定サインのアキレス腱へのトランジットと同期しています。水瓶座における海王星と木星の会合(左図)が、この党を「溶解」させつつあるかのようです。冥王星や天王星、土星らのハードなトランジットでは生き残り、なんとか復活を成し遂げてきた自民党ですが、海王星と木星というゆる系のバイブレーションには耐えうるでしょうか?







19550620 非常に興味深いことに、自民党が結成された1955年の620日には、20世紀で最も長時間の皆既日食が日本で観測されています。それから54年たった今年2009年、今度は21世紀で最長となる皆既日食が、やはり日本で観測されます。そして、麻生総理が解散を目指す21日の翌22日に、まさにその日食が起こるわけですが、ちょっと出来過ぎ? いずれにしても、今年から来年にかけては、日本の政治体制が激変する歴史的なターニング・ポイントとなるかもしれませんね。

















★メルマガの登録はこちらに空メールをお送りください。
★鑑定をご希望の方はこちらをご覧ください。
★芳垣宗久の『アステロイド占星術』はこちらです。



3 件のコメント:

  1. 先生だの師匠だの呼ばないで~2009年7月20日 5:56

    初めて書込みさせていただきます。
    自民党の始原図、蠍の強調ですね。
    蠍のしぶとさよりは良い意味での再生に
    向かって欲しいものですが…
    ふと疑問に思ったのですが日食の観測時間の
    長さは占星学的には意味はあるのでしょうか?
    日食ツアー楽しんでらして下さいね。
    ��Vでやってたのですが、太陽が通常時は
    木漏れ日が丸いのが日食時は三日月型になる
    そうです。私はそれを見て日食楽しみます。

    返信削除
  2. ��師匠
    いつもお世話になっております。
    自民党は二世議員禁止しようみたいな話も出ていますが、蠍座の彼らには無理な話でしょうか?w
    > ふと疑問に思ったのですが
    > 日食の観測時間の長さは
    > 占星学的には意味はあるのでしょうか?
    ��時間が1年と考えて、食の始まりから終わりが1時間半かかったら、1年と6ヶ月その影響が続くとか、そういう見方はあるようです。

    返信削除
  3. 先生だの師匠だの呼ばないで~2009年7月23日 9:11

    ひぇぇ芳垣先生まで<師匠>ですか??
    恐れ多い~(°°;)))オロオロ(((;°°)~
    お答えありがとうございます。
    ��時間1年ですか…今回は今世紀最長ですよね
    myチャートでは8ハウスでの日食、どんな影響
    がある事やら?
    前回の3ハウスでの日食は非常に分かりやすい
    影響があり今も継続しています。
    東京はあいにくの曇りで地面に写る木漏れ日で
    日食を楽しむことはできませんでした。がっ
    曇り空が幸いして欠けた太陽が出ていたのを
    あちこちから確認して空を見なかったことが
    悔やまれてなりません!
    芳垣先生は日食を楽しまれたようで、なによりです。写真等撮影していたらぜひUPしてください
    ��!

    返信削除