2008年5月25日日曜日

エリスの林檎

もう開いた口が塞がらないというか、これは政治家の失言としては歴史に残るレベルのものではないでしょうか…。


★クリントン候補、オバマ氏の暗殺を期待するかのような発言


Image 左は件の失言があった23日のチャート(ワシントン市の正午で作成)ですが、牡羊座の準惑星エリスに小惑星ヒラリーとケネディが重なっています。エリスは「不和の林檎」を群集に投げ付け、醜い争いを引き起こす女神。その名を冠された準惑星エリスは、やはりこの手の問題に深く関連する天体のようです。冥王星を「殺害」するほどの力を持つこのトリック・スターは、権力の座にある人々を一瞬にして地に落とす力を持っているかもしれません。実際、エリスのデビュー(名前の発表)は、法王ヴェネディクト16世のイスラム教批判発言というイカニモな出来事と同期しました。気をつけましょうね、みなさん! (「お前が気をつけろ」の声が…)

1 件のコメント:

  1. ��月・ジュノーは確かに嫉妬にかられたら何やらかすかわかんない女神だけど…

    返信削除