2008年4月9日水曜日

のらくろも合わせて3兄弟だった

>この記事おもしろすぎる!!


>よしがきくん、天才だー。


笑みさん、ご声援ありがとうございます。


>犬がツボのはずだわー。


こいぬ座のα星プロキオンに太陽が合ではさもありなん。w


自分も『フランダースの犬』は泣けます。あれはネロが独りで死んでも、きっと「あーあ…」というだ感想だけですが、パトラッシュが一緒に死ぬからみんな泣くのですよね。『マッチ売りの少女』だって、隣で犬が一緒に死んでたらもっと反響があったでしょう。猫ではダメですね。最近流行のイタチもありえない。やはり忠犬メーラのアーキタイプにはかわないでしょう。


『フランダースの犬』で感動するのは日本人だけだという話は有名ですが、最近ベルギーの文学者が、その現象の根底には日本人に独特の「滅びの美学」があると指摘していました。しかし…、滅びの美学って、ちょっと違うような? やはり外人さんの限界でしょうか、『赤穂浪士』と『フランダースの犬』の感動は同じのはずがない。パトラッシュがネロと一緒に死んだのは、プライドとか忠義とか美学ではなくて、最愛の人のそばから死ぬまで離れまいとする純粋な感情からではないでしょうか? 最後には現世でサクセスしてくれなければ気分が悪いという欧米人の意見も分かりますが、社会に見捨てられた少年にも、最後まで寄り添ってくれた存在があったことに、日本人は救いを見出すのでしょう。




Wrhac1 左は『フランダースの犬』の原作者であるウィーダの出生図です。時間が分からないので正午にしてありますが、実際はもっと早い時間に生まれていて、蟹座の月がこいぬ座に入っていたのかもしれません。いや、きっとそうだ。w パトラッシュのイメージは、きっとこいぬ座から来たに違いありません! 蠍座では11度の小惑星ニッポニアと13度のアントワーピアがコンジャクションしていますが、これはアニメ『フランダースの犬』を見た多くの日本人が、ベルギーのアントワープ大聖堂に押しかけることを暗示しているのでしょうか。神父さんはなんでこんな田舎に日本人がやってくるのか、長年理由が分からなくて不思議がっていたとか。


それで、ウィキ見て気付きましたが、冥王星発見の前後の1929年と1931年には、『フランダースの犬』の日本語版が相次いで出版されていたのですね。また、やはり1931年には少年雑誌で『のらくろ』の連載が始まり、子供達の人気者になっています。冥王星・こいぬ座時代の忠犬ブームは、予想以上の範囲に広がっていたのかもしれません。


ちなみに、古典的な恒星占星術のテキストを見ると、プロキオンの影響を受けると「犬に噛まれる」などと書いてあります。w しかし、こういう伝承も決してバカにならなくて、自分のプログレスの太陽がプロキオンに合の時、本当に犬にアゴを噛まれる事件が発生しました。しかも自分の家の飼い犬(マルチーズ、♂)に。ぜんぜん忠犬じゃねえっ!




>ハチ公の話が、リチャードギア主演で、


>ハリウッドで映画化される話があるそうです。


くわたさん、情報ありがとうございます。他にも映画関連の情報をお寄せいただいた皆様、ありがとうございました。


今年はこいぬ座の対向を木星が通過しますから、きっとハチ公ブームが起こるでしょう。劇場公開するなら7月辺りが最適ですね。しかし、米国のどこかの駅前で帰らぬ教授を待つハチ公は、やはり通行人からフライドポテトなんかをもらいながら糊口を凌ぐのでしょうか…。

6 件のコメント:

  1. フランダースの犬!
    何度見てもアニメのラストシーンは泣けますよね。
    少年少女向け小説としてはそれなりのポジションだったけどアニメからこっちスペシャルな存在になったような気がします。ということで最終回OAが1975.12.28 19:30 月はさそり13度でシンクロしてるのにびっくり。

    返信削除
  2. ��ラクさん
    >1975.12.28 19:30
    これが日本人の3人に一人が泣いた時間!
    ラストシーンは55分くらいでしょうか?
    立派にイベント・チャートが作れるでしょう。
    あー、もう寝ないと。

    返信削除
  3. 京都のケケケ!2008年4月13日 1:13

    はじめまして、わかるかな?センセ(笑)。
    最初の方のブログは さすが!!と思ってたのに
    「お犬様」の事で、ここまで盛り上がるとは・・・
    どこぞやには お犬様のチャートまで作成してあるし(笑)。
    超マジメ人間と思いきや 全然違うね。
    うけるっ!!
    最高です、芳垣センセ!!
    これからも ブログ、ガンバってねん。

    返信削除
  4. ��京都のケケケさん
    まいど、おおきに。
    そら、あねはん、ここはウチのブログやないの、
    アホなこといくらでも書きますわ。ヘケケッ!
    ほなまた。ヘケッ、へケケケッ!

    返信削除
  5. 京都のケケケ2008年4月13日 20:47

    コメント、おおきに!!
    どっひゃあ~~~っ!!
    芳垣センセって こんなキャラやったん???
    壊れてまっせ(笑)。
    でも 同じニオイが・・・(汗)。
    フッ。
    今後もブログ更新、楽しみにしてまっせ。
    がむばれ、芳垣ーーーっ!!!

    返信削除
  6. ヒェーケッケッケッ~。

    返信削除