2008年2月9日土曜日

ガソリン・エンジンとハンバーガー

今日はアカデメイアで授業をしてきました。現在は生徒さんたちに仕事運の読み方を学習してもらっているのですが、多くの成功者のチャートを見ていると、やはり惑星が示すポテンシャルをフルに発揮していることがよく分かります。以下、ちょっと実例。

Wrhac3 左のチャートは世界で始めて軽油で動くエンジンを発明したディーゼルのものです。これなんかもう、解釈がいらないくらい、そのまんまの仕事で成功している例です。職業はMCを中心に読みますが、ディーゼルは天王星(発明、最先端技術)がコンジャクション、チャートのファイナル・ディスポジターである火星(機械)がオポジション、魚座で太陽と水星にはさまれた海王星(石油)はセクスタイルを形成しています!

Wrhac37 こちらはマクドナルドの創業者のチャートです。MCはちょっと分かりにくいのですが蠍座19度で、太陽(リーダーシップ)がコンジャクション、そのファイナルディスポジターの金星は、月(外食産業)と木星(グローバリゼーション)らを伴なって9ハウス(海外進出)でステリウムを形成しています。そして、水瓶座で上昇する火星(スピード)とセレス(食物)のコンジャクションが、「ファースト・フード」というビジネス・モデルを推進させたわけですね。

自分も今後の身の振り方を改めて考えます…。もう遅いか。

0 件のコメント:

コメントを投稿